【文房具】ジェットストリームに感動する

どうも、うしです。
普段はおかん業をしたり、サラリーマンをしたりしています。

サラリーマンの方でいつも
身に着けているものの一つにボールペンがあります。

頭の中を整理したり、
出来事をメモったりするのによく使うのですが、
使いよいものと、使いにくいものがあります。
使いにくいものだと
ヘタな字がさらにヘタになるというマジックが起きます。

合うボールペン使えばいいんですがね
文房具屋に行ってフィットするボールペンを探す機会をサボっていたもので。
というか、特に不自由はしていないと
思い込んでいたのです。
とりあえず書ければいいのですから。

しかしながら、このサボりと思い込みを覆す
アイテムとの出会いがありました。

三菱鉛筆の「ジェットストリーム」

うん。有名らしいですね。
ちっとも知らなかった。
同僚にボールペンを借りることがあって
その同僚が使っていたのがジェットストリームのボールペン。

それが、もう、ものすごく書きやすくて
3倍くらい頭がよくなったのかと思えるほど
スラスラ~って。
スラスラスラ~って。
こんなに、書き心地のよいボールペンは
初めてで、びっくりしました。

ちょっと、考えがまとまらず
ストレスで頭いた―となっていた時に
借りたのが、またよかった。
イライラが書いたペン先から抜けていくような感覚。
新感覚でした。

テンションが上がって
同僚と
「ジェットストリーム!」
「ジェットストリー――ム!!」
と、いいあって、気分転換もできました。

横で聞いていた同僚その2も
「実は私もジェットストリーム!」
と胸ポケットから出してきて
かなりの愛されているボールペンなんだなぁと
感心しました。
すごいぜ、三菱鉛筆さん。

ちなみに、ジェットストリームは
いろんな価格帯のものがあるようですので
贈り物に向いているものもありますので
プレゼントしても喜ばれるかもしれませんね。

友人に借りたジェットストリームは0.7㎜で程よく、バランスのとれた太さでした。
その後、0.38㎜と0.5㎜と1.0㎜を買ってみました。
うしは、趣味でよくノートに落書きをするのですが一番絵を描きやすかったのは1.0㎜でした。
0.38㎜や0.5㎜は細かい描写や細かい字を書くときに重宝しそうですが、いかんせん、うしが描くのは落書き、メモ書き。
細いペンだと、どうしても筆圧を強くしてしまう癖があるようで、太くて、インク流れがよいものの方が好みのようでした。
まぁ、細いペンも「ジェットストリーム!!」であることに変わりはなかったので、職場でメモを取りながら
ちょうどいい筆圧がどのくらいなのか、考察しながら使用してみようと思います。

いい文房具は
仕事の効率をもしかしたら
すごく上げてくれるのかもしれない。

料理の時に、いい包丁を使うと
料理がしやすいのと一緒ですね。

身近にある道具を、もっと見直して
自分と相性の良いものと一緒に
仕事したり、暮らしていきたいなと
思いました。